CATEGORY

漢字と言葉の使い分け方

「絶つ」と「断つ」の意味の違いと正しい使い分け方

「金銭問題で彼との縁はたたれた!」 こんな文章を書くことは少ないと思いますが、「たつ」という感じに時折悩まされることはありませんか? この場合は「ご縁は絶たれた」となります。 「絶つ」と「断つ」の意味 […]

「伺う」と「窺う」の意味の違いと正しい使い分け方

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

「小数」と「少数」の意味の違いと正しい使い分け方

小数と少数は、よく間違えて使われています。変換をしている最中に、少数と書くべきところで、小数という漢字が使われていることも、しばしばあります。 私も以前は、書いている最中に「あれ?どっちだったかな」と […]

「受賞」と「授賞」の意味の違いと正しい使い分け方

「金賞をじゅしょうしました!」 あれ?受賞でいいのかな?それとも授賞かな?…と迷ったことはありませんか? もし、迷ったことがあるのならば、この記事を読むことで一発解決します。 そんな受賞と授賞の違いを […]

「収集」と「収拾」の違いと正しい使い分け方

収集と収拾も、「ん?あれ、どっちだったかな」と思う漢字です。 同じ読み方でも漢字にするだけで、意味はまったく違うものになる。 不思議ですよね。 この記事では、そんな「収集」と「収拾」の違いと正しい使い […]

「歳」と「才」の違いと正しい使い分け方

「私の弟は、もうじき7才になります。」 あれ?この場合は「才」なのかな、それとも「歳」なのか、どちらが正しいんだろう… と思ったことはありませんか? これ、結論から伝えると、どちらも間違いではありませ […]