「当てる」と「充てる」と「宛てる」の意味の違いと正しい使い分け方

「あてる」を感じに変換するとき、「当てる」と「充てる、宛てる」が出てきて、充てるってどんなときに使うんだろう。

正しい使い分け方を知っておきたい!

なんて、思ったことがあるかもしれませんね。

この記事では、「当てる」と「充てる」と「宛てる」の意味の違いと正しい使い分け方について解説します。

 

「当てる」と「充てる」「宛てる」の違い

結論、「当てる」と「充てる」「宛てる」は、次のように使い分けます。

当てる:接触、的中、配分
充てる:充当(その事の用に当てること)
宛てる:送り先

 

「当てる」の意味

「当てる」とはweblio辞書によると

・あるものを他のものに触れるようにする。直面させる。
・くじなどで賞を得る。「一等賞を—・てる」
引用元:weblio辞書

といった場合に用いると記述されています。

つまり、「接触、的中、配分」のときに使います。

「当てる」の正しい使い方

(例)
・的に当てる
・胸に手を当てる
・答えを当てる

 

「充てる」の意味

「充てる」とはweblio辞書によると

・全体の一部をそのために使う。「余暇を読書に—・てる」「ボーナスを旅費に—・てる」

引用元:weblio辞書

といった場合に用いると記述されています。

つまり、「その事の用に当てること」です。

「充てる」の正しい使い方

(例)
・建築費に充てる
・生活費に充てる
・後任に充てる

 

「宛てる」の意味

「宛てる」とはweblio辞書によると

・相手に向ける

引用元:weblio辞書

といった場合に用いると記述されています。

つまり、「送り先」ですね。「母に—宛てて手紙を書く」など。

反対に向けられる側は「当てられる」になります。

「宛てる」の正しい使い方

(例)
・恩師に宛てた手紙
・本社宛ての書類

 

まとめ

「当てる」と「充てる」と「宛てる」の意味の違いは以下のとおりです。

  • 当てる:接触、的中、配分
  • 充てる:充当(その事の用に当てること)
  • 宛てる:送り先

当てると充てるの使い分けさえできていれば、間違うことはなさそうですね。

よく記事を書いているときに「こうにゅういし」とタイピングして文字変換をしようとします。 そのときに、【購入意思】と【購入意志】という2つのパ […]

あなたは文章を書いていて「かえる」という漢字の使い分け方で困ったことがありませんか? 「かえる」も、なかなか判断しづらいんですよね。 考えて […]

あなたは文章を書いているときに、バスをおりる…や天からおりてきた…。 などの「おりる」という漢字の使い分けで迷ったことはありませんか? いっ […]

最新情報をチェックしよう!