「当たる」と「中る」の意味の違いと正しい使い分け方

「あたる」という漢字をすべて「当たる」で書いてしまうと間違いになるケースがあります。

この記事では、「当たる」と「中る」の違いについて解決します。

 

「当たる」と「中る」の違い

結論、体(内側)に害がある場合は「中る」を使います。

その他の場合は大体「当たる」を使いましょう。

難しいところで例をあげると「ボールが体にあたる」という場合は体に害がありそうですが、ボールが当たるのは体の外側なので当たるを使います。

 

「当たる」の意味

「当たる」とはweblio辞書によると

・物事や人が直面、接触する。ふさわしい状態になる探りを入れる。ようすを見る。確かめてみる。受けとめる。

といった場合に用いると記述されています。

つまり、接触、的中、配分などを表します。

「当たる」の正しい使い方

(例)
・当たり障りのない返答をする
・当たり前のような振る舞い
・思い当たる節があった
・驚くに当たりません
・新年を迎えるに当たり当社では…

「中る」の意味

「中る」とは用事用語ブック第7版によると

・食べ物や毒気にあたる

といった場合に用いると記述されています。

つまり、体に障る、中毒などを表します。

「中る」の正しい使い方

(例)食あたり、湯あたり
・食中りを起こした原因は、昨日食べたお刺身だろう。
・温度が高い温泉に何度も入浴すると湯中りを起こすかもしれない。

 

まとめ 「当たる」と「中る」の違い

多くの場合は「当たる」を使っておけば間違いにはならないでしょう。

もし、病い的なことなら、「中る」を用いると覚えておけば大丈夫だと思います。

中るを使うときのヒントは「体に障る」ものです。

「時」と「とき」の使い分け方を説明します。 結構、文章を書いていると、この「時」を使う場面で悩むことってありますよね。。 まず、時刻や時間を […]

この記事では、「早い」と「速い」の意味の違いと正しい使い分け方についてご紹介します。 読むことで、どのような違いがわかり、使い分けるときに迷 […]

小数と少数は、よく間違えて使われています。変換をしている最中に、少数と書くべきところで、小数という漢字が使われていることも、しばしばあります […]

最新情報をチェックしよう!