「努める」「務める」「勤める」の意味の違いと正しい使い分け方

「努める」「務める」「勤める」。

この3つの漢字を使い分けられますか?

もし、使い分けられないなら、この記事を読むだけで、使い分けられるようになるでしょう。

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」は”努力する”の意味で、「勉める」とも書きます。

「問題の解決に努める」「療養に努める」

 

「務める」は“役目にあたる”の意味です。

「議長を務める」「弁慶の役を務める」

 

「勤める」は“雇われて働く。勤務する”という意味です。

「銀行に勤める」

「努める」の意味

「努める」とはweblio辞書によると

力を尽くしてあることをする。努力する。 「実現に-・める」 「療養に-・める」 「笑うまいと-・める」 「夫のためには随分-・めてきました」 → つとめて
webilio辞書より引用

といった場合に用いると記述されています。

つまり、一生懸命におこなう。力をつくすこと。

「努める」の正しい使い方

(例)
・クレームの減少に努める
・売上低下の原因追求に努める
・冷静になろうと努めたが彼の一言で怒りが爆発した

 

「務める」の意味

 

「務める」とはweblio辞書によると

役目にあたる。また、芝居などの役を演じる。 「案内役を-・める」 「弁慶の役を-・める」
webilio辞書より引用

といった場合に用いると記述されています。

つまり、役目をうけもつこと。

「務める」の正しい使い方

(例)
・入社してわずか1年で役職を務める。
・忘年会で乾杯の挨拶を務めた。
・先月の飲み会では幹事を務めた。

 

「勤める」の意味

 

「勤める」とはweblio辞書によると

会社・商店・団体に雇われて、そこで働く。勤務する。 「銀行に-・める」 「役所に-・めている」
webilio辞書より引用

といった場合に用いると記述されています。

つまり、会社などで働くこと。

 

「勤める」の正しい使い方

(例)
・勤め先の電話番号が思い出せない。
・1年でもしっかりと勤めたなら立派だ。
・この会社に勤め始めたとき、社員はわずか6人だった。

 

まとめ

いかがでしたか?

努める、務める、勤めるの意味の違いはわかりましたか?

最後におさらいです。

  • 「努める」は“努力する”の意味。
  • 「務める」は“役目にあたる”の意味。
  • 「勤める」は“雇われて働く”の意味です。

忘れそうになったら、このページに戻ってきてくださいね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

 

収集と収拾も、「ん?あれ、どっちだったかな」と思う漢字です。 同じ読み方でも漢字にするだけで、意味はまったく違うものになる。 不思議ですよね。 この記事では、そんな「収集」と「収拾」の違いと正しい使い […]

あなたは文章を書いていて「あれ?」ここの”あける”という漢字は「空ける」かな? それとも「開ける」かな?と迷ったことはありませんか? 漢字の使い分けってド忘れしちゃいますよね。 でも、間違ってブログな […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

最新情報をチェックしよう!