「~してください」よりも「~してもらえますか」に 変えて相手を従わせる

できるリーダーや、
人の上にたつ人間には、
言葉を巧みに操る人が多い。

そういった人は常に
自分の働きやすい環境作りのために、
自分を変えるための努力をしている。
この努力とは、相手を思いやり、
自分も相手も傷つかないように
接するためのものだ。

昭和の考え方は平成では通じず、
若い者は、上司の言い方ひとつで
ヤル気を失くし、働かなくなったり、
辞めてしまう者もいる。

人と人との社会でバランスを取りながら
生きていかなければならない世の中では、
ほんの少しのミスが大きな問題を生むケースもある。

できる人間は、
自分の考えを柔軟に変えられる。

上司から部下への命令も、
昔は○○しろ!と言えば
部下は黙って従ってくれたものの、

現代ではパワーハラスメント・モラルハラスメントとなり、
職場内の人間関係も気を使うものとなりました。

そんなときに、
上司はナメられずに
部下を従わせる方法があります。

それは頼み事を「疑問形にする」
というやり方です。

「君、これを17時までにやっておいて」というよりも、

「君、これを17時までにやってもらえる?」という。

疑問形にすることで、
耳に柔らかく丁寧に聞こえるのだ。

こうしたちょっとした気遣いが
現代の上司には求められている。

もしかしたら、セールスレターでも、
文章を疑問形に変えることで、
購買に繋がることがあるかもしれません。

営業マンの戦術に 「イエス肯定話法」 というものがある。 このYesを初段階から積み重ね、 商談でYesと言わせようとするものだ。 営業マンは、 天気の話から切り出すことが 多いという。 話題としても […]

世の中には値札の末尾が 「8」のものをよく見かける。 例えば 「2000円」ではなく 「1980円」など。 日本では8が縁起が良いともされているが、 8にすることで、お得感を演出できる心理効果がある。 […]

人は、秘密を打ち明けられると、 好意的に思う傾向がある。 例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、 居酒屋にて、ふと上司が口を開く 「うちの嫁と最近喧嘩しちゃってさぁ~、もう何日も口を聞いてないん […]

最新情報をチェックしよう!