「~してください」よりも「~してもらえますか」に 変えて相手を従わせる

できるリーダーや、
人の上にたつ人間には、
言葉を巧みに操る人が多い。

そういった人は常に
自分の働きやすい環境作りのために、
自分を変えるための努力をしている。
この努力とは、相手を思いやり、
自分も相手も傷つかないように
接するためのものだ。

昭和の考え方は平成では通じず、
若い者は、上司の言い方ひとつで
ヤル気を失くし、働かなくなったり、
辞めてしまう者もいる。

人と人との社会でバランスを取りながら
生きていかなければならない世の中では、
ほんの少しのミスが大きな問題を生むケースもある。

できる人間は、
自分の考えを柔軟に変えられる。

上司から部下への命令も、
昔は○○しろ!と言えば
部下は黙って従ってくれたものの、

現代ではパワーハラスメント・モラルハラスメントとなり、
職場内の人間関係も気を使うものとなりました。

そんなときに、
上司はナメられずに
部下を従わせる方法があります。

それは頼み事を「疑問形にする」
というやり方です。

「君、これを17時までにやっておいて」というよりも、

「君、これを17時までにやってもらえる?」という。

疑問形にすることで、
耳に柔らかく丁寧に聞こえるのだ。

こうしたちょっとした気遣いが
現代の上司には求められている。

もしかしたら、セールスレターでも、
文章を疑問形に変えることで、
購買に繋がることがあるかもしれません。

ラポールの形成の仕方を知っておくと対面営業にもコピーライティングにも利用できて、見込み客からの信頼も短時間で深められるって知っていましたか? ラポールをコピーライティングに活かしたい方は、この「ラポー […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

人は興味の有ること無いことに関わらず、 物事が中断するのが嫌いだ。 こういった心理を 「ツァイガルニク効果」という。 ドラマやクイズ番組などテレビでは、 これからという場面でCMに入ることがある。 続 […]

最新情報をチェックしよう!