自己開示-自分が先に心を開くことで、相手も開きやすくなる

人は、秘密を打ち明けられると、
好意的に思う傾向がある。

例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、
居酒屋にて、ふと上司が口を開く
「うちの嫁と最近喧嘩しちゃってさぁ~、もう何日も口を聞いてないんだよ。喧嘩の原因は…」
などと自分のプライベートを話しだす。

普段は仕事ができて、
厳しい上司のプライベートな話を聞き、
人間味を感じて親近感が湧いてくる。

そうなると、せっかく上司が
プライベートな話をしてくれたのだから、

今度は自分も何か話をしようと、
普段人には言わない話をしはじめる。

こうして、先に自分の話をすることで
信頼を示し、相手の自己開示を促す。

相手が同じように自分のことを話しだしたならば、
「自己相互開示」となり、互いの信頼は急激に深まるのだ。

先に自己開示して、相手の本音を引き出せば、
ビジネスチャンスにも繋がり、

その後もずっと付き合っていける
取引先となるかもしれない。

この心理は、
多くのセールスレターで見ることができる。

例えば、セールスレターの「ストーリー」部分は、
自分の過去が書かれていることが多い。

それらは、過去はこんなにダメだったけど、
この商品に出会ったことで、悩みが解消された。
というような内容のものである。

自分の過去のダメさを話すことで、
読み手との共感を生み、

同じような境遇の人が成功したならば、
きっと自分も!といった気持ちにさせ、
購買に結びつける手法だ。

自己開示をおこなうと、開示された相手は
「自分を信頼して話をしてくれたのだ」と感じて、
自分も自己開示をしてしまう。

ぜひライティングに取り入れましょう。

人は”統計データ”を示すと信用する。 口コミやレビューも含め、 「100人中80人が満足した!○○~」 のようなキャッチコピーとともに、 実際のアンケート結果や、 70%の~のような数字のデータを見せ […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

世の中には同じような商品が たくさん存在している。 どこかの会社がヒット商品を作れば、 他社もこぞって恩恵を受けようと 似た商品を作り、世に出してくる。 消費者は、 商品の違いがわからなければ 量が多 […]

最新情報をチェックしよう!