自己開示-自分が先に心を開くことで、相手も開きやすくなる

人は、秘密を打ち明けられると、
好意的に思う傾向がある。

例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、
居酒屋にて、ふと上司が口を開く
「うちの嫁と最近喧嘩しちゃってさぁ~、もう何日も口を聞いてないんだよ。喧嘩の原因は…」
などと自分のプライベートを話しだす。

普段は仕事ができて、
厳しい上司のプライベートな話を聞き、
人間味を感じて親近感が湧いてくる。

そうなると、せっかく上司が
プライベートな話をしてくれたのだから、

今度は自分も何か話をしようと、
普段人には言わない話をしはじめる。

こうして、先に自分の話をすることで
信頼を示し、相手の自己開示を促す。

相手が同じように自分のことを話しだしたならば、
「自己相互開示」となり、互いの信頼は急激に深まるのだ。

先に自己開示して、相手の本音を引き出せば、
ビジネスチャンスにも繋がり、

その後もずっと付き合っていける
取引先となるかもしれない。

この心理は、
多くのセールスレターで見ることができる。

例えば、セールスレターの「ストーリー」部分は、
自分の過去が書かれていることが多い。

それらは、過去はこんなにダメだったけど、
この商品に出会ったことで、悩みが解消された。
というような内容のものである。

自分の過去のダメさを話すことで、
読み手との共感を生み、

同じような境遇の人が成功したならば、
きっと自分も!といった気持ちにさせ、
購買に結びつける手法だ。

自己開示をおこなうと、開示された相手は
「自分を信頼して話をしてくれたのだ」と感じて、
自分も自己開示をしてしまう。

ぜひライティングに取り入れましょう。

最新情報をチェックしよう!