結論を会話の最後にすると、相手を納得させられる

結論を最後に持ってくることで
相手の納得を促す作用がある。

これを「クライマックス法」という。
営業マンが担当者と
世間話などの雑談をしてから

営業トークに入るのは、
互いの緊張をほぐし、

話が耳に入りやすい状態を作ってから
核となる営業の話をはじめる。

セールスレターや
テレビショッピングでも、

ストーリーやベネフィットを伝え、
最後に商品の値段を見せ、
これほどの商品が「この値段」と
割安感を演出する手法をとっている。

さらに、「保証」や「今ならコレも付いて、お値段変わらず!」などの
追加特典を付ければ、もう客は購買欲マックスだ。

大切なのはクライマックスだけでなく、
そこまでに行き着く流れのなかで、
どれだけ客に興味を持ってもらえるかだ。

全て良い部分だけ伝えるよりも、 劣る部分も示すことで信頼性はあがる。 全て完璧に装う方が 効果的に思うが実際は違う。 完璧に装ってしまうと […]

営業マンの戦術に 「イエス肯定話法」 というものがある。 このYesを初段階から積み重ね、 商談でYesと言わせようとするものだ。 営業マン […]

ラポールの形成の仕方を知っておくと対面営業にもコピーライティングにも利用できて、見込み客からの信頼も短時間で深められるって知っていましたか? […]

最新情報をチェックしよう!