結論を会話の最後にすると、相手を納得させられる

結論を最後に持ってくることで
相手の納得を促す作用がある。

これを「クライマックス法」という。
営業マンが担当者と
世間話などの雑談をしてから

営業トークに入るのは、
互いの緊張をほぐし、

話が耳に入りやすい状態を作ってから
核となる営業の話をはじめる。

セールスレターや
テレビショッピングでも、

ストーリーやベネフィットを伝え、
最後に商品の値段を見せ、
これほどの商品が「この値段」と
割安感を演出する手法をとっている。

さらに、「保証」や「今ならコレも付いて、お値段変わらず!」などの
追加特典を付ければ、もう客は購買欲マックスだ。

大切なのはクライマックスだけでなく、
そこまでに行き着く流れのなかで、
どれだけ客に興味を持ってもらえるかだ。

人は、秘密を打ち明けられると、 好意的に思う傾向がある。 例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、 居酒屋にて、ふと上司が口を開く 「うちの嫁と最近喧嘩しちゃってさぁ~、もう何日も口を聞いてないん […]

世の中には値札の末尾が 「8」のものをよく見かける。 例えば 「2000円」ではなく 「1980円」など。 日本では8が縁起が良いともされているが、 8にすることで、お得感を演出できる心理効果がある。 […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

最新情報をチェックしよう!