結論を会話の最後にすると、相手を納得させられる

結論を最後に持ってくることで
相手の納得を促す作用がある。

これを「クライマックス法」という。
営業マンが担当者と
世間話などの雑談をしてから

営業トークに入るのは、
互いの緊張をほぐし、

話が耳に入りやすい状態を作ってから
核となる営業の話をはじめる。

セールスレターや
テレビショッピングでも、

ストーリーやベネフィットを伝え、
最後に商品の値段を見せ、
これほどの商品が「この値段」と
割安感を演出する手法をとっている。

さらに、「保証」や「今ならコレも付いて、お値段変わらず!」などの
追加特典を付ければ、もう客は購買欲マックスだ。

大切なのはクライマックスだけでなく、
そこまでに行き着く流れのなかで、
どれだけ客に興味を持ってもらえるかだ。

自己開示ができなくてつらい。 自分の事を知られるのが怖い。 昔から自分を外に出すのが苦手です。 こういった声がYahoo!知恵袋に書き込まれています。 プライドが邪魔したり、自分のことなど誰も興味ない […]

できるリーダーや、 人の上にたつ人間には、 言葉を巧みに操る人が多い。 そういった人は常に 自分の働きやすい環境作りのために、 自分を変えるための努力をしている。 この努力とは、相手を思いやり、 自分 […]

人は”統計データ”を示すと信用する。 口コミやレビューも含め、 「100人中80人が満足した!○○~」 のようなキャッチコピーとともに、 実際のアンケート結果や、 70%の~のような数字のデータを見せ […]

最新情報をチェックしよう!