「ということは」で簡単にYESかNOか決めさせる。

人は興味の有ること無いことに関わらず、
物事が中断するのが嫌いだ。

こういった心理を
「ツァイガルニク効果」という。
ドラマやクイズ番組などテレビでは、
これからという場面でCMに入ることがある。

続きが気になるので、
CMがあけるのを待ち、
その後も見てしまうのだ。

自分が中断させていたならば、
最後まで進めなければ!という
責任を感じてしまう。

商談の途中で話が反れていたならば、
話を戻し、「ということは」と投げかければ、
YesかNoかの答えを引き出すことができる。

この心理をセールスレターで活かすなら、
商品画像の上か下に「気になりますか」という問いを設置して

「はい」「いいえ」のボタンを設置するのも良し、
「はい」だけのボタンを設置するのも良し、

いずれにしてもページを閉じるか、
購入ページに移動するかの
最終判断まで導くことができるだろう。

あなたが営業先に出向き 「A」と「B」の商品を クライアントに勧めるとしよう。 「A」 の商品の方が利益率が高いので、 「B」 Aの商品を交渉成立させたいと考えている。 いざ商談の席で、両方の商品を机 […]

営業マンの戦術に 「イエス肯定話法」 というものがある。 このYesを初段階から積み重ね、 商談でYesと言わせようとするものだ。 営業マンは、 天気の話から切り出すことが 多いという。 話題としても […]

人は仲間はずれを嫌うもの。 ”みんな持ってるよ”と 言われれば欲しくなるし、 ”多くのお客様に支持されています。”と 聞けば気になってしまうのだ。 この心理は「同調効果」と言われ、 行列ができているお […]

最新情報をチェックしよう!