「ということは」で簡単にYESかNOか決めさせる。

人は興味の有ること無いことに関わらず、
物事が中断するのが嫌いだ。

こういった心理を
「ツァイガルニク効果」という。
ドラマやクイズ番組などテレビでは、
これからという場面でCMに入ることがある。

続きが気になるので、
CMがあけるのを待ち、
その後も見てしまうのだ。

自分が中断させていたならば、
最後まで進めなければ!という
責任を感じてしまう。

商談の途中で話が反れていたならば、
話を戻し、「ということは」と投げかければ、
YesかNoかの答えを引き出すことができる。

この心理をセールスレターで活かすなら、
商品画像の上か下に「気になりますか」という問いを設置して

「はい」「いいえ」のボタンを設置するのも良し、
「はい」だけのボタンを設置するのも良し、

いずれにしてもページを閉じるか、
購入ページに移動するかの
最終判断まで導くことができるだろう。

「吸引力が落ちない、ただひとつの掃除機」 というキャッチコピーで有名な掃除機があります。 非常に優れた性能を持つ 掃除機として有名ですね。 […]

あなたは、他人にプレゼントをもらい、何も返さないのは気まずい…という思いをしたことはありませんか? その感情…すでに返報性が効いています。 […]

結論を最後に持ってくることで 相手の納得を促す作用がある。 これを「クライマックス法」という。 営業マンが担当者と 世間話などの雑談をしてか […]

最新情報をチェックしよう!