YESと言わせ続ければ、デカい要求も快諾させられる

営業マンの戦術に
「イエス肯定話法」
というものがある。

このYesを初段階から積み重ね、
商談でYesと言わせようとするものだ。
営業マンは、
天気の話から切り出すことが
多いという。

話題としても入りやすく、
ごく自然な世間話である。

最初に「今日は良い天気ですね」と言えば、
本当に天気の良い日ならば、
相手は”はい”と肯定するしかない。

次に
「今日は週明けだから電車が混んでましたね」と言えば、
だいたい朝の電車は混んでいるもので、
”はい”と返ってくる。

このような会話を繰り返し、
”はい”と言わせることに慣れさせておいて、
本題に入るのだ。

ずっと”はい”と言い続けてきた相手は、
商談の席でも”はい”と承諾する確率が高まると言う。

これをWEBで活用するならば、
チェックボックスなどを
設置してみるのもいいかもしれない。

読み手が”はい”にチェックを入れそうな質問を集め、
「はい」と「いいえ」のアンケートのような
チェックボックスを設置する。

5個から7個くらいが好ましい。
チェックボックスの後に商品の画像と
お得な値段を提示すれば、
全てに”はい”と答えてきた読み手は、
商品を購入するかもしれない。

ラポールの形成の仕方を知っておくと対面営業にもコピーライティングにも利用できて、見込み客からの信頼も短時間で深められるって知っていましたか? […]

集団心理について説明します。 日本人は、世界の中でも この集団心理で動く民族だと思います。   おもしろい例えで、こんなものがあり […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例え […]

最新情報をチェックしよう!