商品の悪いところも話した方が長く付き合ってくれる

全て良い部分だけ伝えるよりも、
劣る部分も示すことで信頼性はあがる。
全て完璧に装う方が
効果的に思うが実際は違う。

完璧に装ってしまうと
悪い部分が目立ってしまうのだ。

例えば、良い部分だけ伝えた時計ならば、
「思ったより重い」「秒針の音がうるさい」などの
クレームが寄せられる場合がある。

完璧と謳っていた分、
顧客は不信感を覚えてしまう。

しかし最初から素晴らしい素材と
ハイテク技術で作り出された時計は、
時間が狂いません。

しかし少しだけ重いです。
それは文字盤の素材に高級な○○を使用しているからで~
のように「負」の部分も伝えることでクレームも減り、
信頼はアップするのだ。

世の中には同じような商品が たくさん存在している。 どこかの会社がヒット商品を作れば、 他社もこぞって恩恵を受けようと 似た商品を作り、世に出してくる。 消費者は、 商品の違いがわからなければ 量が多 […]

結論を最後に持ってくることで 相手の納得を促す作用がある。 これを「クライマックス法」という。 営業マンが担当者と 世間話などの雑談をしてから 営業トークに入るのは、 互いの緊張をほぐし、 話が耳に入 […]

ドラマ性のあるトークに人は引き込まれます。 営業マンでもセールスレターでも お客さまを説得して商品を販売するなら その前の段階で好奇心を持ってもらう必要があります。 好奇心を抱かせ、共感を得るには「ド […]

最新情報をチェックしよう!