商品の悪いところも話した方が長く付き合ってくれる

全て良い部分だけ伝えるよりも、
劣る部分も示すことで信頼性はあがる。
全て完璧に装う方が
効果的に思うが実際は違う。

完璧に装ってしまうと
悪い部分が目立ってしまうのだ。

例えば、良い部分だけ伝えた時計ならば、
「思ったより重い」「秒針の音がうるさい」などの
クレームが寄せられる場合がある。

完璧と謳っていた分、
顧客は不信感を覚えてしまう。

しかし最初から素晴らしい素材と
ハイテク技術で作り出された時計は、
時間が狂いません。

しかし少しだけ重いです。
それは文字盤の素材に高級な○○を使用しているからで~
のように「負」の部分も伝えることでクレームも減り、
信頼はアップするのだ。

商品を最初から ”買ってください”と言っても、 買ってくれる人は少ないだろう。 その商品の特徴も説明せずに 値段を提示しても、 それが安いのか高いのかも分からない。 セールスレターでも同じく、 アクセ […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

人は興味の有ること無いことに関わらず、 物事が中断するのが嫌いだ。 こういった心理を 「ツァイガルニク効果」という。 ドラマやクイズ番組などテレビでは、 これからという場面でCMに入ることがある。 続 […]

最新情報をチェックしよう!