商品の悪いところも話した方が長く付き合ってくれる

全て良い部分だけ伝えるよりも、
劣る部分も示すことで信頼性はあがる。
全て完璧に装う方が
効果的に思うが実際は違う。

完璧に装ってしまうと
悪い部分が目立ってしまうのだ。

例えば、良い部分だけ伝えた時計ならば、
「思ったより重い」「秒針の音がうるさい」などの
クレームが寄せられる場合がある。

完璧と謳っていた分、
顧客は不信感を覚えてしまう。

しかし最初から素晴らしい素材と
ハイテク技術で作り出された時計は、
時間が狂いません。

しかし少しだけ重いです。
それは文字盤の素材に高級な○○を使用しているからで~
のように「負」の部分も伝えることでクレームも減り、
信頼はアップするのだ。

結論を最後に持ってくることで 相手の納得を促す作用がある。 これを「クライマックス法」という。 営業マンが担当者と 世間話などの雑談をしてか […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例え […]

世の中には値札の末尾が 「8」のものをよく見かける。 例えば 「2000円」ではなく 「1980円」など。 日本では8が縁起が良いともされて […]

最新情報をチェックしよう!