具体的なデータを示すとどんな相手も信用する

人は”統計データ”を示すと信用する。

口コミやレビューも含め、
「100人中80人が満足した!○○~」
のようなキャッチコピーとともに、

実際のアンケート結果や、
70%の~のような数字のデータを見せることで、
信用してしまう傾向にある。
これも「みんなが…」効果と同じで、
たくさんの人が満足しているなら、
きっと素晴らしいに違いない。
と思わせてしまう効果がある。

実際にこれらのキャッチコピーは
多くのサイトで使用されているので、
一度は見たことがあるだろう。

物販のサイトでも多く使われていて
「○%の人が成功した」「1ヶ月で○○キロ痩せる」など
数字を示すと説得力が増すのだ。

真実に基づいたデータを取り、
その統計データを用いた
キャッチコピーを作ることで、
売り上げを跳ね上げることができるだろう。

人は、秘密を打ち明けられると、 好意的に思う傾向がある。 例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、 居酒屋にて、ふと上司が口を開く 「う […]

全て良い部分だけ伝えるよりも、 劣る部分も示すことで信頼性はあがる。 全て完璧に装う方が 効果的に思うが実際は違う。 完璧に装ってしまうと […]

商品を最初から ”買ってください”と言っても、 買ってくれる人は少ないだろう。 その商品の特徴も説明せずに 値段を提示しても、 それが安いの […]

最新情報をチェックしよう!