値段の末尾を「8」にして購買意欲を高めよ

世の中には値札の末尾が
「8」のものをよく見かける。

例えば
「2000円」ではなく
「1980円」など。
日本では8が縁起が良いともされているが、
8にすることで、お得感を演出できる心理効果がある。

先程も例にあげたように
「2000円」と「1980円」とでは
20円の差しかないが、
見た目はお得感を演出できる。

これが、3000円から1980円ならば、
かなり値引きされているよう感じ、
消費者の購買意欲を高めることができる。

逆に「1500円」の品であっても、
「1980円」と値付けして販売すれば、

消費者は勝手に2500円くらいのものが
値引きされているのかも!
と勘違いさせることもできる。

末尾を「8」に変えるだけで、
消費者の購買意欲を高め、
ビジネスに繋げることができるのだ。

商品を最初から ”買ってください”と言っても、 買ってくれる人は少ないだろう。 その商品の特徴も説明せずに 値段を提示しても、 それが安いのか高いのかも分からない。 セールスレターでも同じく、 アクセ […]

「吸引力が落ちない、ただひとつの掃除機」 というキャッチコピーで有名な掃除機があります。 非常に優れた性能を持つ 掃除機として有名ですね。   しかし、この掃除機のCMでは 一切の欠点を教え […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

最新情報をチェックしよう!