値段の末尾を「8」にして購買意欲を高めよ

世の中には値札の末尾が
「8」のものをよく見かける。

例えば
「2000円」ではなく
「1980円」など。
日本では8が縁起が良いともされているが、
8にすることで、お得感を演出できる心理効果がある。

先程も例にあげたように
「2000円」と「1980円」とでは
20円の差しかないが、
見た目はお得感を演出できる。

これが、3000円から1980円ならば、
かなり値引きされているよう感じ、
消費者の購買意欲を高めることができる。

逆に「1500円」の品であっても、
「1980円」と値付けして販売すれば、

消費者は勝手に2500円くらいのものが
値引きされているのかも!
と勘違いさせることもできる。

末尾を「8」に変えるだけで、
消費者の購買意欲を高め、
ビジネスに繋げることができるのだ。

人は”統計データ”を示すと信用する。 口コミやレビューも含め、 「100人中80人が満足した!○○~」 のようなキャッチコピーとともに、 実際のアンケート結果や、 70%の~のような数字のデータを見せ […]

あなたが営業先に出向き 「A」と「B」の商品を クライアントに勧めるとしよう。 「A」 の商品の方が利益率が高いので、 「B」 Aの商品を交渉成立させたいと考えている。 いざ商談の席で、両方の商品を机 […]

何かを印象づけるとき、 3回繰り返すと良い。 言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、 聞き手または読み手に印象付けることができる。 例えば、ある会社で、 よく寝坊をする社員がいたとする。 その社員 […]

最新情報をチェックしよう!