商品を何かで例えると、実物以上の良い物に見える

世の中には同じような商品が
たくさん存在している。

どこかの会社がヒット商品を作れば、
他社もこぞって恩恵を受けようと
似た商品を作り、世に出してくる。
消費者は、
商品の違いがわからなければ
量が多いものか、低価格のものを購入するだろう。

そこで自社商品を売るためには、
他社の商品との差別化をしなければならなくなる。

そこで有効となってくるのが「比喩法」だ。

消費者は、「どれも同じでしょ」と思っている。
そこで、差別化のために次のようにしてみる。

商品が”ガム”であれば、
「歯医者さんが認めた、虫歯になりにくいガム」です。

商品が何であれ、
「○○の70%の人が、弊社の商品を選んでいます。その秘密は…」
とか。

専門家の意見や、
データ化した数字は、
とても強い影響力を持つ。

その他に例をあげるならば、

パソコンデスクであれば
「シリーズ10000部突破した名作○○の著者である
木村さんも作業で使っているパソコンデスクです!」

のように、有名な人が使っているなら、
「きっといいだろう」と思わせるテクニックである。

もちろんセールスレターなどに
記載する場合は本人の許可が必要だが、
成功すれば他に大きく差をつけられるのは間違いない。

世の中には値札の末尾が 「8」のものをよく見かける。 例えば 「2000円」ではなく 「1980円」など。 日本では8が縁起が良いともされて […]

人は、秘密を打ち明けられると、 好意的に思う傾向がある。 例えば会社の上司に、仕事帰りに飲みに誘われ、 居酒屋にて、ふと上司が口を開く 「う […]

全て良い部分だけ伝えるよりも、 劣る部分も示すことで信頼性はあがる。 全て完璧に装う方が 効果的に思うが実際は違う。 完璧に装ってしまうと […]

最新情報をチェックしよう!