「づらい」と「ずらい」はどちらが日本語的に正しいのか?

ブロガーさん、ライターさんは文章を書くのが仕事です。

記事執筆やコンテンツを作成しているときには、なるべく難しい漢字を使わずに、小学校6年生でも読めるように書くのが鉄則ですよね。

漢字を使わないようにしていると、「分かり辛い」を、ひらがなに変えようとして、あれ?「づらい」だっけな「ずらい」だっけな。と、このようなケースで、どっちが正しいんだろ…と思ってしまうことはありませんか?

そのモヤモヤをこの記事で解消いたしましょう。

 

「づらい」と「ずらい」はどちらが正しいのか

 

結論からお伝えすると「づらい」が正しいです。

ネットにあげられている他の記事にも「づらい」が正しいとありますが、どこが根拠を示してくれているのでしょうか。

この記事の主題に関する検証は、weblio辞書を活用して明らかになしました。

weblio辞書で「ずらい」と調べると…

多くの場合は「づらい」の誤表記。動詞の連用形に続き、動作が難しいことを意味する。「づらい」は「辛い」(つらい)が前の動詞によって連濁した語であるため「づ」の表記となる。

weblio辞書より引用

とあります。

これだけで、そもそも「ずらい」と使うことが間違いであることがわかりますね。

 

「づらい」の意味

 

「づらい」とはweblio辞書によると…

動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。「老眼で辞書が見-・い」「読み-・い本」「無愛想で話し-・い」

weblio辞書より引用

という場合に用いられるそうです。

漢字にすると「辛い」です。

辛いという漢字は、苦痛を感じて、がまんができない状態や、どうしたらいいかわからずに、苦しむ、困る状態を意味しています。

分かりづらいも使いづらいも、その他も困っている状態を指しますので、すべてひらがなに直すときには、「づらい」を使いましょう。

 

迷いどころが多い例文

 

(例1)
1:「この文章は、とても分かりづらい」
2:「この文章は、とても分かりずらい」
(例2)
1:「このスマートフォンは使いづらい」
2:「このスマートフォンは使いずらい」
(例3)
1:「彼がそんな行動をとるとは考えづらい」
2:「彼がそんな行動をとるとは考えずらい」

おわかりかと思いますが、すべて「2」が間違いです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

「づらい」と「ずらい」の違いを知り、スッキリしましたか?

ずらいではなく、「づらい」を使うこと。
「ずらい」と使うものは、ひとつもないということでした。

これで迷うことはなくなったかと思います。

ぜひ、あなたの参考にれば嬉しいです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

「たいしょう」という言葉は発音は同じでも、意味合いが違う漢字がいくつかありますね。 話の流れ的にわかりますが、いざ文章にすると変換のさいにどれを使ったらいいのか分からなくなるものです。 この記事では、 […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

「私の弟は、もうじき7才になります。」 あれ?この場合は「才」なのかな、それとも「歳」なのか、どちらが正しいんだろう… と思ったことはありませんか? これ、結論から伝えると、どちらも間違いではありませ […]

最新情報をチェックしよう!