ジョン E ケネディとは?セールスマンシップインプリントの生みの親

この記事では、ジョン・E・ケネディについてご紹介します。

ジョン・E・ケネディといえば「Reason Why Advertising」。

彼によって定義された広告は「印刷物のセールスマン」という言葉は、現在もなお語り継がれてますね。

そんな、ジョン・E・ケネディのお話です。

 

ジョン・E・ケネディとは

参照元:HardToFind Seminars.com

ジョンは、カナダ北西騎馬警察に所属していました。

そのときから広告に興味をもっていて、カナダ北部の雪に覆われた場所で過ごし、1日中広告の基本的な概念について考えていたようです。

 

やがて、結果を得たコピーでの販売が”セールスマンシップインプリント”であると発見することになります。

その後、ジョン・E・ケネディ、アルバート・ラスカー、トーマスの3人で、アメリカの広告業界を再形成します。

 

ジョン・E・ケネディのストーリー

 

ジョンは、ダイレクトレスポンスのコピーライターでした。

1904年の5月に、ロードアンドトーマス社の下の階のサロンに足を踏み入れました。

そして、ジョンは若いベルボーイにメモを渡し、上の階に届けるように頼みました。

その内容はというと…

 

私はあなたに広告が何であるかを伝えることができます。
 
私はあなたが知らないことを知っています。
 
それが何であるかをあなたに知ってもらうことは、私にとって大きな意味があり、あなたにとっても大きな意味があります。
 
広告とは何かを知りたい場合は、私に会いにきてください。私は下の階にいます。
 
署名 ジョンEケネディ


そのとき、ロードアンドトーマス社にいたのは、トーマス氏とアルバート・ラスカー氏でした。
 
トーマス氏の反応は「あの男に時間を無駄にしたくない」というもの。
 
一方で好奇心旺盛なラスカーは、このメモに大変興味をそそられました。
 
そして、彼はオフィスに招き入れるために、トーマス氏の承認を得ました。
 
そこで広告の定義に関する議論が繰り広げられたそうです。
 
そして、ジョンが定義したのが広告やコピー業界では、あまりにも有名なこの言葉。

“Advertising is salesmanship in print.”
「広告は印刷物のセールスマンシップです。」

だったのです。

その後、3人は手を組み、アメリカの広告を完全に再形成しました。

そんな、ジョンが書いたのが「Reason WhyAdvertising」です。

 

ジョン・E・ケネディの代表的な教材

 

Reason Why Advertising

 

まとめ

 

ジョン・E・ケネディがいなかったら、広告の定義は別の言い方だったかもしれませんね。

1904年にすでに広告の定義が議論されていたなんて、不思議な気持ちです。

日本なんて明治37年ですからね。

アメリカが進んでいるのが、よくわかります。

最新情報をチェックしよう!