トピックセンテンスとパラグラフの意味と書き方を丁寧に解説

トピックセンテンスって何?
コピーライティングに必要なの?

そんなお悩みにお答えします。
トピックセンテンスは、コピーライティングに必要です。

なぜなら、トピックセンテンスにより、何を伝えたいのかがわかりやすくなるからです。

この記事では、トピックセンテンスの意味や役割について解説していきます。

トピックセンテンスとパラグラフについて

 

文章をひとかたまりにしたものを「パラグラフ」といい、その中に含まれる文を「センテンス」といいます。

トピックセンテンスとは、いちばんはじめの文で、なおかつパラグラフの主張となる部分です。

自分が強く伝えたい意見が主張となるので、結論にも置き換えることができます。

文章は結論から書くと伝えたいことが伝わりやすいように、先に主張を伝え、その根拠を示していくことが、分かりやすい文章を書くうえで必要です。

トピックセンテンスとは

 

トピックセンテンスとは、パラグラフ(段落)の先頭におくものです。

トピックセンテンスには、書き手の主張やパラグラフの結論を書く必要があります。

(例1)
コピーライティングで重要視することは、読みやすく、誰もが理解でき、メリットを与え、最終的には行動させられるような価値を伝えることである。
(例2)
コピーライティングで重要視することは価値を与えることだ。そのために読みやすく、誰もが理解でき、メリットを与えれば、最終的にはお客様みずから行動に移してくれる。

例1のような文章はよくありますし、内容が理解できないわけではありませんが、最初に主張を述べることで、すべての文章を読まなくても無いを言おうとしているかは理解できる文章になります。

センテンスとは

 

センテンスとは、句点(。)までの一文のことです。

(例)
コピーライティングで重要視することは価値を与えることだ。そのために読みやすく、誰もが理解でき、メリットを与えれば、最終的にはお客様みずから行動に移してくれる。

例で考えるのであれば、次のようにセンテンスは分けられます。

コピーライティングで重要視することは価値を与えることだ。
そのために読みやすく、誰もが理解でき、メリットを与えれば、最終的にはお客様みずから行動に移してくれる。

このように2つのセンテンスで構成されていることがわかります。

パラグラフとは

 

センテンスと呼ばれる一文が積み重なった文章のかたまりをパラグラフといいます。

文章は基本的にパラグラフがいくつも集まって作られます。

(例)
コピーライティングで重要視することは価値を与えることだ。そのために読みやすく、誰もが理解でき、メリットを与えれば、最終的にはお客様みずから行動に移してくれる。価値の伝わらない文章は、メリットが薄いかあるいは無い。お客様にとって自分に関係ないものだと思われてしまえば、文章の途中でも読むのを止め、他のページに移ってしまうだろう。

上の例は、2つのパラグラフで構成されています。

なぜ、2つのパラグラフを用いたかというと、主張が変わっているからです。はじめのパラグラフでは「コピーライティングにおいて重要視すること」、次のパラグラフでは「価値の伝わらない文章の理由」について書いているので、主張は変わっています。

パラグラフが分かれるときは、主張や話題が変わるときに用いられることが多いです。

まとめ

 

文章のまとまりのことをパラグラフといいます。

パラグラフとは文章のかたまりのことで、パラグラフはいくつかのセンテンスによって作られています。

そのはじめのセンテンスをトピックセンテンスといいます。

トピックセンテンスでは、パラグラフ全体の主張や結論を書くようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!