クロード・ホプキンス(Claude C Hopkins)とは?実績を紹介

この記事では、優れた広告のパイオニアの1人とされたいた「クロード・ホプキンス」についてご紹介します。

 


参照元:THE ONE CLUB FOR CREATIVITY

 

クロード・ホプキンスの実績

 

クロード・ホプキンス (1866–1932) は、41歳のときにアルバート・ラスカーに年俸185,000ドルで、彼の所有する広告会社「ロード&トーマス社」に雇われました。

そして、広告をヘッダーからフッターまでのパーツにわけて反応を測定、分析して、結果を改善しながら広告の費用対効果を高めました。

すべてのコピーをテストするという彼の主張は、今の広告業界では常識となっていますが、当時は分析方法も不便な中で、測定と分析をしていたというのは本当に驚きですね。

 

クロード・ホプキンスの代表的な出版物

 

クロード・ホプキンスの著書である「Scientific Advertising」は、ロード&トーマス社を退職した後の1923年に出版され、その後の1927年には「My Life in Advertising」が出されました。

日本で翻訳されているものなら、「広告でいちばん大切なこと」「広告マーケティング21の原則」は、ぜひ読んでみてほしいです。

 

 

クロード・ホプキンスまとめ

 

広告の定義、コピーの定義は、クロード・ホプキンス、アルバート・ラスカー、ジョン・E・ケネディなしには作られなかったわけなので、広告界の重要人物のひとりですね。

コピーを勉強することは、広告を勉強することでもあるので、機会があったら読んでみてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!