「下さい」と「ください」の使い分け

「下さい」と「ください」は、
どのように使い分けたらいいのでしょうか。

「クダ」の部分を漢字にするか、
それともひらがなにするかは、
意味合いによって使い分けます。

漢字を使う場合
「飲み物をクダさい」といった実質動詞(「くれ」の尊敬・丁寧表現)の場合は、「下さい」と漢字書きにします。

仮名書きにする場合
「お飲みクダさい」といった補助動詞(何かをお願いするときや、敬意を表す尊敬・丁寧表現)の場合は、「ください」と仮名書きにします。

出典:日本広報協会

「漢字」
お金を下さい、電話を下さい、本を下さい。

「ひらがな」
足をくずしてください、ごめんください、お越しください。

つまり、何かをもらう場面では漢字、
何かをお願いする場面では、ひらがなということですね。

あなたは文章を書いていて「かえる」という漢字の使い分け方で困ったことがありませんか? 「かえる」も、なかなか判断しづらいんですよね。 考えて手を止めたり、検索して調べるのも時間を削られてしまいます。 […]

「金銭問題で彼との縁はたたれた!」 こんな文章を書くことは少ないと思いますが、「たつ」という感じに時折悩まされることはありませんか? この場合は「ご縁は絶たれた」となります。 「絶つ」と「断つ」の意味 […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

最新情報をチェックしよう!