「小数」と「少数」の意味の違いと正しい使い分け方

小数と少数は、よく間違えて使われています。変換をしている最中に、少数と書くべきところで、小数という漢字が使われていることも、しばしばあります。

私も以前は、書いている最中に「あれ?どっちだったかな」という場面が何度かありました。

この記事では、小数と少数の違いをはっきりさせ、今後は間違えのないように使っていただくために、2つの漢字の意味と使い分け方をご紹介いたします。

「小数」と「少数」の違い

 

少数は計算で用いる1.23などの小数点が入るものです。

データなどで、1.23人などと用いることがありますが、実際に数えるのならば、1.23人というのは不可能ですよね。0以下はないですし、1以下もありません。1人からしか数えられません。

あくまでも計算するうえで出る平均値を表すものです。

一方で、少数は分母のうちの分子という視点で使われます。

たとえば、100人中、15人と少数だった…など。
100人中90人であれば少数ではありませんし、3人中1人でも少数にはなりません。

あくまでも分母に対して分子が少なかった場合に用います。

「小数」の意味

 

収集とはgoo辞書によると

1・1より小さい正の実数。

2・整数でない実数を、小数点を用いて十進法で表した数。0.1のように整数部分を含まないものを純小数、1.23のように整数部分を含むものを帯小数という。

goo辞書より引用

という場合に用いると記述されています。

つまり、ゼロより大きく、1より小さい数。0.1~0.9までを表します。

「小数」の正しい使い方

 

(例)
・5.45の小数を切り捨てると5になる
・小数の計算はまぎらわしい
それでは次に、少数の意味と使い分け方をご紹介しましょう。

「少数」の意味

 

収集とはgoo辞書によると

数が少ないこと。「賛成が少数で否決された」

goo辞書より引用

という場合に用いると記述されています。

つまり、数が少ないことを表します。

「少数」の正しい使い方

 

(例)
・議会での賛成派は10人中2人と少数だった
・簡単なテストだが、正解者は少数だった
・少数のクレームがサービスを向上させる

まとめ

 

小数とは、0.1~0.9までを意味し、少数とは数が少ないことを意味します。

日常で使用するのは、母数に対して数が少ないことを表す「少数」となるでしょう。

間違えないようにしましょうね。

この記事が、あなたの参考になると嬉しいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

収集と収拾も、「ん?あれ、どっちだったかな」と思う漢字です。 同じ読み方でも漢字にするだけで、意味はまったく違うものになる。 不思議ですよね。 この記事では、そんな「収集」と「収拾」の違いと正しい使い […]

Yahoo!知恵袋より引用   このように、「さす」という漢字も使い分けに迷うところです。 指すかな?それとも差すかな? 正しく使い分けるには、漢字の持つ意味と違いを理解する必要があります。 […]

「たいしょう」という言葉は発音は同じでも、意味合いが違う漢字がいくつかありますね。 話の流れ的にわかりますが、いざ文章にすると変換のさいにどれを使ったらいいのか分からなくなるものです。 この記事では、 […]

最新情報をチェックしよう!