「小数」と「少数」の意味の違いと正しい使い分け方

小数と少数は、よく間違えて使われています。変換をしている最中に、少数と書くべきところで、小数という漢字が使われていることも、しばしばあります。

私も以前は、書いている最中に「あれ?どっちだったかな」という場面が何度かありました。

この記事では、小数と少数の違いをはっきりさせ、今後は間違えのないように使っていただくために、2つの漢字の意味と使い分け方をご紹介いたします。

「小数」と「少数」の違い

 

少数は計算で用いる1.23などの小数点が入るものです。

データなどで、1.23人などと用いることがありますが、実際に数えるのならば、1.23人というのは不可能ですよね。0以下はないですし、1以下もありません。1人からしか数えられません。

あくまでも計算するうえで出る平均値を表すものです。

一方で、少数は分母のうちの分子という視点で使われます。

たとえば、100人中、15人と少数だった…など。
100人中90人であれば少数ではありませんし、3人中1人でも少数にはなりません。

あくまでも分母に対して分子が少なかった場合に用います。

「小数」の意味

 

収集とはgoo辞書によると

1・1より小さい正の実数。

2・整数でない実数を、小数点を用いて十進法で表した数。0.1のように整数部分を含まないものを純小数、1.23のように整数部分を含むものを帯小数という。

goo辞書より引用

という場合に用いると記述されています。

つまり、ゼロより大きく、1より小さい数。0.1~0.9までを表します。

「小数」の正しい使い方

 

(例)
・5.45の小数を切り捨てると5になる
・小数の計算はまぎらわしい
それでは次に、少数の意味と使い分け方をご紹介しましょう。

「少数」の意味

 

収集とはgoo辞書によると

数が少ないこと。「賛成が少数で否決された」

goo辞書より引用

という場合に用いると記述されています。

つまり、数が少ないことを表します。

「少数」の正しい使い方

 

(例)
・議会での賛成派は10人中2人と少数だった
・簡単なテストだが、正解者は少数だった
・少数のクレームがサービスを向上させる

まとめ

 

小数とは、0.1~0.9までを意味し、少数とは数が少ないことを意味します。

日常で使用するのは、母数に対して数が少ないことを表す「少数」となるでしょう。

間違えないようにしましょうね。

この記事が、あなたの参考になると嬉しいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

文章でも出来るって漢字で書くのかな? ひらがなにした方がいいのかな? 文章において、文字を平仮名で書くべきなのか、漢字で書くべきなのか迷う場面は多々あります。 今回ご紹介する「できる」と「出来る」も迷 […]

あれ?そういえば具合良くなった? はい!すっかり。部長に頂いた漢方のおかげですよー本当にありがとうございました! いや~それにしても、あの漢方…かなり「ききますね!」… … … あれ?この場合の「きく […]

文章を書いているときに、”あらわす”あるいは”あらわれる”の漢字の使い分けに、少し迷ったことはありませんか? ほんの少しでも迷う時間ももったいないですよね。 それならば、このページはあなたのお役に立て […]

最新情報をチェックしよう!