「時」と「とき」の使い分け

「時」と「とき」の使い分け方を説明します。
結構、文章を書いていると、この「時」を使う場面で悩むことってありますよね。。

まず、時刻や時間を示して表現するときは「時」と書きます。
次に、「~の場合(とき)」と伝える場合には「とき」とひらがなで書きます。

「お客様、今が絶好の買い時ですよー」という表現は、今がそのタイミング、
時間の流れの中のある一点を示す
ので「時」と書きます。

一方、「困ったときはお気軽にご連絡ください」という表現は、
「困った場合はお気軽に」と言い替えることが出来ますね。

ある一点ではなく、そんなことがあればという「状況・場面」を示しています。
ですので、この場合はひらがなの「とき」を用いるのがルール。
憶え方としては困ったときはひらがなでいかがでしょうか?

困ったとき、は、困った場合と言い替えることが出来る。
だから、困ったときはひらがなで。

出典:コトバノ

そのタイミングを示す場合は、漢字。
場面と言い換えることができるときは、ひらがな。

このように覚えておくといいでしょう。

「金銭問題で彼との縁はたたれた!」 こんな文章を書くことは少ないと思いますが、「たつ」という感じに時折悩まされることはありませんか? この場合は「ご縁は絶たれた」となります。 「絶つ」と「断つ」の意味 […]

ブロガーさん、ライターさんは文章を書くのが仕事です。 記事執筆やコンテンツを作成しているときには、なるべく難しい漢字を使わずに、小学校6年生でも読めるように書くのが鉄則ですよね。 漢字を使わないように […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

最新情報をチェックしよう!