暑い・熱いの正しい使い分け方

 

文章を書いていると…

あれ?ここは「暑い」だっけな?
それとも「熱い」かな?

…と迷うことがありませんか?

何を基準にして使い分けたら正しい方を
スラッと使えるようになるのか?

そんな「暑い」と「熱い」の使い分け方をご紹介します。

温かいと暖かいをご紹介したときのように、これらも反対語を考えることで、使い分けが楽になります。

[kanren postid=”1061″]

暑いの正しい使い方

 

主に気温にたいする気持ちを表します。

  • 8月は暑い
  • 日本は寒いが、ハワイは暑かった。
  • このセーターはぶ厚くて暑い

 

熱いの正しい使い方

 

物に限らず、触れたり接してみて感じる気持ちを表します。

  • ホットコーヒーが熱い
  • 夏の砂浜は熱い
  • あの人の話は熱い

 

まとめ

[aside type=”normal”]暑いと熱いの使い分け方は、反対語を考えると分かりやすくなります。

暑い←→寒い
熱い←→冷たい
漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

あれ?そういえば具合良くなった? はい!すっかり。部長に頂いた漢方のおかげですよー本当にありがとうございました! いや~それにしても、あの漢 […]

文章でも出来るって漢字で書くのかな? ひらがなにした方がいいのかな? 文章において、文字を平仮名で書くべきなのか、漢字で書くべきなのか迷う場 […]

「たいしょう」という言葉は発音は同じでも、意味合いが違う漢字がいくつかありますね。 話の流れ的にわかりますが、いざ文章にすると変換のさいにど […]

最新情報をチェックしよう!