[漢字] 合う・会うの正しい使い分け方

文章を書いていて漢字の使い方に迷うときがありますね。

そんなときに、いちいち検索していたのでは
文章もスラスラ書けません。

ここで一発で覚えておきましょう。

ということで、今回は「合う」と「会う」の
使い分けについてご説明します。

会う

この漢字は、基本的には人と会うときに使います。

例として

  • お客様と会う
  • 取引先の人と会う
  • 運命の人と出会う…など。

対人と考えていいでしょう…

合う

この漢字は、一致したり互いのものが一つになるときに使います。

例として

  • 意見が合う
  • くつがピッタリと合う
  • 愛し合う…など。

人から発せられるものが一つになったときですね。
人と人がばったり!というときには会うですが
人と人の思いが通じるときは合うとなります。

遭う

この漢字は、経験をしたときに使います。

例として

  • 痛い目に遭う
  • 事故に遭う
  • ゲリラ豪雨に遭う…など。

基本的には好ましくない場合に使われる言葉です。

会う・合う・遭う。読み方は同じですが
それぞれ使用する場面が違います。

これを知っておけば、文章でペンを止めることもないでしょう。
漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

「下さい」と「ください」は、 どのように使い分けたらいいのでしょうか。 「クダ」の部分を漢字にするか、 それともひらがなにするかは、 意味合いによって使い分けます。 漢字を使う場合 「飲み物をクダさい […]

「時」と「とき」の使い分け方を説明します。 結構、文章を書いていると、この「時」を使う場面で悩むことってありますよね。。 まず、時刻や時間を示して表現するときは「時」と書きます。 次に、「~の場合(と […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

最新情報をチェックしよう!