「効く」と「利く」の正しい使い分け方

あれ?そういえば具合良くなった?
はい!すっかり。部長に頂いた漢方のおかげですよー本当にありがとうございました!
いや~それにしても、あの漢方…かなり「ききますね!」…


あれ?この場合の「きく」って「効く」だっけ?
それとも「利く」だっけ…っていうことありませんか?

そう、「きく」もなかなか使い分けが難しいです。

そんな今回は「効く」と「利く」の2つの漢字の使い分け方についてご紹介します。

「効く」の正しい使い方

 

「効く」とはコトバンクによると

効果や働きなどが現れる。期待どおりのよい結果が実現する。効き目がある。
コトバンクより引用

ことを意味すると記述してあります。

つまり、効果が現れるものに用いるので、以下の例のようになります。

(例)
「てきめんに効く薬」
「宣伝が効いて大評判だ」
「腹部へのパンチが効く」

パンチが効くというのも、受けた側ではなく殴った側の人側に立って考えると、殴って相手がうずくまったなら、自分のパンチが効いた!となりますよね。

 

「利く」の正しい使い方

 

「利く」とはコトバンクによると

・本来の機能を十分に発揮する。機敏に、また、さかんに活動する。
・それをすることが可能である。できる。
コトバンクより引用

ことを意味すると記述してあります。

つまり、機能が働くものだけに用いるので、以下の例のようになります。

(例)
「鼻が利く」
「麻痺(まひ)して手足が利ない」
「洗濯の利く生地」
「無理の利かない身体」
「学割が利く」

 

学割が利くとなると、学生だからこその特権ということで、学生の効果が現れたとして「効く」を用いそうになりますが、そうではなく学生という身分が利いたことになります。ちょっと難しいですね(笑)

 

まとめ

 

・効果があるといいかえられるときには「効く」
・機能や性能がよく働いているさま。あるいは○○できるといいかえられるときには「利く」を使いましょう。

これで「効く」「利く」の正しい使い分け方はバッチリですね?(笑)

 

漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

「たいしょう」という言葉は発音は同じでも、意味合いが違う漢字がいくつかありますね。 話の流れ的にわかりますが、いざ文章にすると変換のさいにどれを使ったらいいのか分からなくなるものです。 この記事では、 […]

「のぼる」って漢字は迷う… 「階段をのぼる」を漢字に変換しようとする際に 「ん?上るかな?それとも登るかな?」と迷うことはありませんか? 実際はどちらでも大丈夫ですが、場面に合った漢字の使い分け方があ […]

うかがう…現代ではあまり使わないことですが、会社勤めの方は謙譲語として使うことがあるのではないでしょうか? 「伺うと窺う」は言葉にすれば発音だけで意味は通じますが、実際に文字にしてみると、どちらか分か […]

最新情報をチェックしよう!