コピーライティングとは

コピーライティングとは、インターネットに接続して閲覧できる文章を指します。
つまり、ネット上の記事こそがすべてコピーライティングと、私は認識しています。
例えば、どのようなものがあるでしょうか?

・サイト
・ブログ
・メルマガ
・PDF
・facebook
・Twitter
・google+

などなど、他にもあるかもしれませんが、
これらはすべてネット上で閲覧できるサービスになります。

サイトとひとくくりにしていますが、この中には、企業のホームページから、
インターネットショップと幅広く、企業の事業内容から楽天などのモールに
出店しているショップが販売している商品の説明分まで、それらすべてを
コピーライティングといいます。

つまり、コピーライティングとは、文章ということです。

このコピーライティングの技術を高めていくことで、
見込み客を自分のサイトやブログのファンとすることもできるし、
メルマガなどで商品を魅力的に紹介すれば、その商品は買われ、
売上にすることもできます。

つまり、ネットで売上を上げていくにあたり、
必須のスキルと断言できますので、

今、この手紙を読んでいるならば、ぜひ、しっかりと
最後まで読み、コピーライティングの重要性を理解していただきたいです。

2つのコピーライター

よく勘違いされるのが、コピーを書く人をコピーライターと呼びますが、
広告のキャッチコピーを書く人と、コピーライティングを書く人は違います。

広告のキャッチコピーは、映画や商品のCMなどに使われることが多く、
あなたの身近なところだと、電車の中吊りや、ビルの一番上に貼られている
大きなポスターなどが広告のキャッチコピーです。

ひとりだけ業界で有名な人を挙げるとしたら、
ジブリ作品のキャッチコピーなどを手がけた
糸井重里さんなどが広告のコピーライターです。

糸井重里さんは、以下のコピーを残しています。

・もののけ姫 「生きろ。」
・千と千尋の神隠し 「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」
・紅の豚 「カッコイイとは、こういうことさ。」

など、一言二言で作品に興味を持たせる
キャッチコピーを書くのが広告コピーライターです。

一方で、コピーライティングを書くコピーライターは、
キャッチコピーはもちろんですが、サブキャッチや
オープニング、ボディコピー、クロージングなど、
商品に興味を持たして、商品の説明から、価格に至るまで
全て文章のみで販売するのがコピーライティングです。

コピーライターが得られるスキル

これから、文章でモノを売るために絶対的に必要な知識を
あなたにお伝えしていきます。
コピーライティングは、その技術を手にさえすれば、
先ほどお伝えした、、、

・サイト
・ブログ
・メルマガ
・PDF
・facebook
・Twitter
・google+

以上のどの分野でも、
しっかりと成果をおさめられます。

ブログのような長文を書けるものから、
Twitterのように文字制限があるものまで、

コピーライティングの技術を覚えたからといって、
同じようには行かないのではないかと心配されるでしょうけど、
それは違います。
なぜなら、字数に関わらず、
コピーライティングで必要なことは
根本的には1つだけだからです。

コピーでいちばん重要なこととは

それは、「価値を伝える」こと。

価値が伝わりさえすれば、
見込み客は自然と反応します。

また、コピーライティングには、
さまざまな技術があるので、
それらの技術を駆使して、

長い文章には長い文章の。
短い文章には短い文章に使える技術を
使えば、何文字制限であろうと
相手に伝えることはできます。
それでは、早速コピーライティングの
技術をお伝えしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!