売りたいならば、ターゲットが慣れている言葉を使え!

これは知っていて当たり前!
そんなものなどこの世にない。

コピーライティングでは
ターゲットが慣れている(知っている)
言葉を使うのが当たり前です。

もし、あなたが欲しいものがあったとして
その商品の説明に、自分が分からない言葉が
いくつも綴られていたらどう思うだろうか?

意味わからねぇよ・・・
と思うのではないだろうか?

読んでいて、
だんだんとイライラしてきて

その商品は欲しいけど、
そのお店の商品説明文に腹が立ち、
そのお店での購入は控えるかもしれないですよね。

私は、実際そうであり、少しイラッときたら、
同じ商品を検索して、同じ値段で販売していて
なおかつ、分かりやすい説明文のお店で買います。

自分がそうなのだから、
少なからず他にもいるはず、、、

そうやって見込み客が
お店に立ち寄ってはいるが
購入してくれていないのは、
なかなかデータとして出しにくいもの。

だったら、最初からちゃんと
分かりやすい言葉を選ばなければならない。

相手が同じ業界ならばいいのかもしれないが、
相手は、その商品に無知なお客様である。

機嫌をひとつ損なっただけで
購入にいたらなくなる。

どんな言葉でも
理解できるように書いたり、

専門的な言葉を選ぶならば、
その専門用語の後ろに()を付けて
補足するのが親切というもの。

誰にでもわかる
やさしい言葉を選ぶべきなのだ。

大事なことなのでもう一度言おう!

当たり前の言葉など何もないのだ。

最新情報をチェックしよう!