相手の質問を予想し、相手が知りたい情報を書け

質の高いコンテンツとは、
相手が知りたい情報を得ることができるものであれ!。

コンテンツに限らず、セールスレターでも
相手が知りたい情報を先回りして用意しておくことが、
売り上げに関係してくる。

現代では、セールスレターも売り込むのではなく、
読み手に”欲しい”と思わせなければならない。

それは、読み手は売り込みを嫌うからだ。

では、欲しいと思わせるには、
どういった努力が必要となってくるのか?

それこそが先回りして
相手の質問に答えておくことである。

あなたのセールスレターを読んだ読み手は、
あなたの商品のどこに疑問を感じたり、
質問をしてきそうなのか。

読み手は、商品を納得した上で購入する。
それならば、不安要素を全て埋め尽くせば、
読み手の納得にこぎつけるのだ。

それは、商品の大きさなのか、形なのか、
または機能なのか値段なのか。

なぜその大きさ、形、機能、値段なのか。
いつ、誰が、何処で、何を、どのように作ったのか。

5W1Hを活用して1つずつ埋めていくといいだろう。

読み手側に立ち、
どのような疑問が生まれそうかを全て書き出し、
疑問に答え、その答えが、他社との差別化ができそうならば、
商品はちゃんと売上の取れる商品となるだろう。

最新情報をチェックしよう!