webで自然と商品が売れる|文章で納得させる3つの技術

こんな経験ありませんか?

・アクセスは集まっているのに成約率が悪い…
・しっかり記事を書いているのに成約率が悪い…

もし、思い当たるのなら、オファーに問題があるかもしれません。

商品を紹介する段階で、いくつかの要素が欠けている可能性があるので、以下の点を見直してみてください。

ここでは、買い手に納得させる3つの技術をご紹介いたします。

 

商品を勧める理由をあげる

 

成約率の悪いページでは、買い手が商品に対して納得できていない場合が多いです。

なぜ、あなたがお客様に商品を買ってもらいたいのかを明確にしましょう。

明確にするためには、以下の3点をチェックしてください。

 

  • お客様の利益を最優先で考える。
  • なぜ、その商品をお客様に勧めたいのか。
  • 売りたい商品の特徴などベネフィットを書く。

商品を勧める論拠を準備する

 

お客様の利益を最優先で考える。

買い手となるお客様は、あなたのファンでもなければ、その商品に特別な感情も抱いていません。

となると、買い手に行動させるのは、いかに商品を購入することで自分の利益になるかだけです。

商品がもたらす利益をしっかりと伝えましょう。

なぜ、その商品をお客様に勧めたいのか。

商品から得られる利益はあったとしても、それをなえお客様に勧めたいのか。

誰にでも勧めようとしているのなら、お客様にとっての特別な商品にはなりません。

そこで必要となるのが、お客様一人ひとりへの利益です。

そこで必要となってくるのが、お客様が抱えている悩みにフォーカスすること。

困っていそうなことを考えること。そして、その言葉が悩んでいるお客様の胸に刺されば、さらに商品に興味を持ってもらえます。

売りたい商品のベネフィットを伝える。

商品から得られる利益は、ズラズラと書いていても、いまいち伝わりません。

書くときはブレット(箇条書き)にして、わかりやすくまとめましょう。

必要であればフォントを太くしたり、背景色を変えたりして目立たせましょう。

視線を止めてもらえるので有効です。

 

買い手側の反対理由をおさえる

 

お客様は騙されるのが嫌いです。そのために財布のひもはとても固いです。

財布の紐が固いということは、何かすぐに購入ボタンをポチッと押したくない理由があります。

買い手の購買意欲に対してブレーキとなりそうな部分を把握する必要があります。

買わない理由をつぶしていくためには、以下の3点をチェックしてください。

 

  • 他の商品とどう違うのか?
  • 同じ価格なら他の商品も見てからにしたい
  • 今月はちょっと厳しいから、また今度にしたい

 

反対理由に合わせた論拠を準備する

 

簡単に言うと、お客様が「買わない理由」に対して「理由付け」をしていけばいいのです。

 

・他の商品とどう違うのか?

同じような商品であれば、何もあなたから買わなくてもいいわけです。

買い手の心理として、「どれを買ってもいいけれど、何かひとつでも秀た部分があったなら、考えてみてもいいかな…」という気持ちがあります。

食品であれば、九州の温かい気候だからこそ生まれる「○○商品」は、6月にしか収穫ができない大変貴重な成分からしか作ることができません。同じような商品は数あれど、この成分を使っているのは日本でもここだけです!

…という理由があったのなら、他の商品との違いがあるので、お客様を納得させられる可能性は高まります。

しかし、これだけで買い手がすぐに購入ボタンを押すという行動にでるとは限りません。

ですので、事実の裏付けとして、専門家の意見や商品のデータ。口コミ、レビューなどで証明すると、より効果的です。

同じ価格なら他の商品も見てからにしたい

同等の商品であれば、買い手はネットで他社の商品と値段や機能を比べます。そして最終的に安いお店で購入します。

ですので、商品をリリースする前から、市場調査として、他社の商品の値段と特徴は控えておきましょう。

他社よりも値段を下げるという方法もありますが、値段を下げれないのであれば、買い手にとって得となるものと付け足していきましょう。

値段を高くする場合、あるいは安くできない場合は、それなりの理由を書くことを忘れずに。

値段が高いのは、こんな技術で作られていて、こんな性能があるから。という理由付けをすることで、その技術に対して価値を感じる買い手もいます。

今月はちょっと厳しいから、また今度にしたい

人は期限がなければ行動しません。ですから今すぐ購入してもらうための仕掛けをする必要があります。

 

・いつまでなら特典がつく
・今だけの価格

 

こうした要素を加えると買い手は行動しやすくなります。

 

例として、いつかダイエットをしようとする人は、なかなかはじめません。しかし、夏に海で水着を着るためにダイエットを決意する人は、今すぐはじめます。

 

人は期限がなければ、なかなか行動をしないものです。つまり行動の後押しとなる仕組みを考え、盛り込む必要があるのです。

不安を取り除けて、お客様が求める価値観(値段など)が合えば、商品は売れていきます。

 

まとめ

 

お客様は自分を特別扱いしてもらいたいものです。
そして自分に本当に合った商品を購入したいものです。

ですが、疑いの心を持っているので、お財布の紐をゆるくしていくためには、いくつかの仕組みを盛り込んでいく必要があります。

・商品を勧める理由をあげる。
・買い手側の反対理由をおさえる。

この2つが、しっかりと示されていれば、買い手は自然とあなたの商品の購入ボタンをポチッと押すことでしょう。

良い商品に、しっかりとした理由付けと価値が伝えられていれば、自然と売れるページの出来上がりです。

ぜひ、参考になればと思います。

最新情報をチェックしよう!