手に入れるのが難しいものほど人は欲しくて仕方なくなる

「限定」「残りわずか」など
希少価値を高める文言が
世の中には溢れている。

実際に数量限定で作られた物は
売れ残ることはあまりない。

 

このように我々は希少価値が高いもの、
いわゆる「手に入れるのが難しいものほど
欲しくなる」のだ。

しかし、これらは実際に
手に入り難いものでなければならない。

たくさん在庫があり限定品ではないものに、
わざと希少価値を高くするために、限定とし、
販売するとかえって顧客の信頼を失う場合があるのだ。

よく街で「閉店セール」と堂々とかかげ、
いつまでたっても閉店しない店がある。

閉店セールとすることで、
お得感や緊急性を高め、
顧客の購買欲を高めているのだ。

しかしいつまでたってお閉店しないことから、
だんだんと顧客の信用を失くし、入店人数が減り、
本当の閉店に追い込まれるケースも多い。

希少性を高めるには、
信憑性と理由付けが無ければならない。

このハードルを超えたならば、
その商品が顧客のニーズやウォンツにマッチした際、
爆発的な売れ行きとなるだろう。

自己開示ができなくてつらい。 自分の事を知られるのが怖い。 昔から自分を外に出すのが苦手です。 こういった声がYahoo!知恵袋に書き込まれ […]

世の中には値札の末尾が 「8」のものをよく見かける。 例えば 「2000円」ではなく 「1980円」など。 日本では8が縁起が良いともされて […]

人は興味の有ること無いことに関わらず、 物事が中断するのが嫌いだ。 こういった心理を 「ツァイガルニク効果」という。 ドラマやクイズ番組など […]

最新情報をチェックしよう!