3回繰り返して伝えれば、読み手を納得させることができる

何かを印象づけるとき、
3回繰り返すと良い。

言葉でも文言であっても3回繰り返すことで、
聞き手または読み手に印象付けることができる。
例えば、ある会社で、
よく寝坊をする社員がいたとする。
その社員が少しだけ会社で結果を出したとしよう。

次の日に部長に、
「よく頑張ったな、君は昇進の対象に入ったぞ!」
と言われる。

また休憩時間に他の社員に
「さっきトイレで聞いちゃったんですけど、○○さん、
今回の仕事を社長がすごく評価してるみたいですよ。」
と自分のことを言ってくる。

そして、
帰り際にエレベーターを待っていたら、

課長と一緒になり、
「○○君は同期のなかで、いち早く出世するかもね。
ただ遅刻が少しひびくかもしれないな…。」
と言われる。

こうなると、
もう遅刻の多い社員はその気になってしまう。

次の日から一切遅刻をしなくなる。
しかし、現実には一切評価はされておらず、
遅刻を改めさせるべく仕組まれたものであった。

このように言い方を変えながら
3回以上同じことを繰り返されると、
人は思い込んでしまうのだ。

人は興味の有ること無いことに関わらず、 物事が中断するのが嫌いだ。 こういった心理を 「ツァイガルニク効果」という。 ドラマやクイズ番組などテレビでは、 これからという場面でCMに入ることがある。 続 […]

あなたが営業先に出向き 「A」と「B」の商品を クライアントに勧めるとしよう。 「A」 の商品の方が利益率が高いので、 「B」 Aの商品を交渉成立させたいと考えている。 いざ商談の席で、両方の商品を机 […]

自己開示ができなくてつらい。 自分の事を知られるのが怖い。 昔から自分を外に出すのが苦手です。 こういった声がYahoo!知恵袋に書き込まれています。 プライドが邪魔したり、自分のことなど誰も興味ない […]

最新情報をチェックしよう!