リード[コピーライティング]

リードは文章の冒頭に位置し、
イントロとも呼ばれます。

その後に書かれている文章の
エッセンスを伝える重要な役割をもっています。

本文への入り口とされ、
キャッチコピーやタイトルの直後に
文章の概要を伝える1,2行の文のことである。
リードと呼ばれる場合とサマリーと呼ばれる場合があるが、
役目としては同じである。(以下リードで統率)

  • リードとは文章の「前書き」を意味する。
  • サマリーとは「要約」を意味する。

以下がリードの参考文である。
緑の丸枠で囲われているのがリード。

リードの説明

英語なので分かり難いが、
日本の新聞・雑誌等の媒体でも同じような形で、
見出しの次にリードが書かれている。

リードは、映画でいう「予告」の役割で、
読み手の心を掴むためのものである。

逆に心を掴まれないリードは
淡々と書かれたつまらない概要となり、
読み手をしらけさせてしまう。

リードを書くのに困ったならば、
自分自身が映画を観に行った時のことを
よく思い出してみるといいだろう。

映画では本編が始まる前に
必ずこれから公開される映画の予告編が3、4つ流れる。

そのなかで「これ観たい」と思った映画があったならば、
何故自分は観たいと思ったのかをよく考えてみるといい。

「観たい」と思った時点で、
その後、映画が公開されてから、
観に行ってなくても、
一度は心を掴まれたには理由がある。

その理由を考え、自分なりの映画の予告を
1~3行程度に書くことを練習していくと、
なかなか良い練習となります。

最新情報をチェックしよう!