伝わる文章を書くための「5W1H」の使い方[コピーライティング]

文章を書く時に、とても重要視しなくてはならないのが「伝わっているか?」です。

これは文章だけではなく、人と話しているときにも、とても重要な要素となります。

いちばん伝えたいことが伝わっていなければ、あなたの思いは届いていないのと同じ。

ビジネスにしても、恋愛にしても、いまいち気持ちが理解されない結果となる可能性があります。

それはつまり、成約にいたらないということ。

ですので、気持ちや思いを伝えるための「5W1H」をしっかりと理解しましょう。

 

5W1Hとは

 

Why、What、Who、Where、Whenのそれぞれの頭文字をとった5Wに、Howの1Hを加えたもの。文章を構成する際などの基本的な要素。マーケティングにおいては、戦略策定、実施内容の検討を行なう際に、5W1Hを意識して計画を立てることが重要になる。
なぜこの施策が必要か、標的市場はどこか、施策として何を行なうか、施策はいつ誰がどのように実行するか、などの視点でモレ、ダブリのないマーケティング計画を行なうことが成功の第一歩となる。
出典 コトバンク

 

Who 誰が(人)

中心人物、見込み客、組織、グループなど。

誰に読ませたいのか、あるいは聞いてほしいのか。
ターゲットを明確にして、たった1人に語りかけるように語る。

What なにを(モノ)

内容、テーマ、商品、特典など。

何を伝えたいのか明確にする。
扱う商品はもちろんのこと、商品の何を伝えたいのか。

Why なぜ(理由)

目的、ゴール、理想の姿、理想の未来、価値、背景、原因など。

なぜ書くのか明確にする。
何のために伝える必要があるのか。

When いつ(時)

時間、期間、順番など。

いつ頃なのか、またはいつまでなのかを明確にする。

Where どこで(場所)

場所、位置、場面、市場、サイト、ランディングページなど。

どこで伝えるかを明確にする。
ブログなのかメルマガなのか、またはセールスレターであるのか。

How どのように(手段)

実行手段、方法、テクニック、技術、媒体など。

文章をどのように、どれくらいの期間で仕上げるのかを明確にする。

文章を書きはじめる前に、「5W1H」を明確にするところから始めましょう。

報告の例

失礼いたします。専務、今後のプロジェクトの打ち合わせ(なぜ)も兼ねて、取引先のB社の田中さん(誰と)と赤坂で(どこで)会食(何を)をすることになりました。つきましては、○月○日の○曜日(いつ)に、タクシーで(どのように)向かおうと考えているのですが、よろしいでしょうか?

5W1Hは場面によって順番を入れ替える必要も出てきます。
順番を覚えて、そのとおりに言葉を運ぶのもいいですが、パーツだけを覚えて頭の中で組み立てられるようになると、突然でもパーツに当てはめて報告していくだけなので便利です。

セールスレターの例

 

Who:あなたに
あなたは○○でお悩みではありませんか?

What:商品を
この商品なら、あなたのお悩みを解決できますよ。

Why:おすすめする理由
その理由は、こちらの商品には、こういった特性があり、これがあなたのお悩みを解決に導くのです。

How:どのように使うのか
1日目、2日目、3日目にそれぞれ1日5分だけ行ってください。

When:いつまでなのか
明日の24時までは半額です。

Where:どこで購入できるのか?
今すぐこちらのお申込みボタンを押してください。

さいごに

 

5W1Hは、文章を書くときには常に意識しよう。

この5W1Hが文章をより伝わりやすくします。
5W1Hをもとに、文章に肉付けしていくと説得力のある文章となります。

最新情報をチェックしよう!